新人看護師の離職率が高い病院と低い病院の違い

新人看護師が定着する病院とそうではない病院、一体どこが違うのでしょうか?じつは新人看護師に問題があるのではなく、病院の管理体制に問題があるのです。これから就職先や転職先を探す新人看護師の皆さん、ぜひ参考にしてください。

病院の体質が第二新卒を生みだす原因

新人看護師が定着しない病院は、病院見学にいくとすぐにわかります。ベテランや中堅看護師が大勢いるのに、なぜか入職後1~3年程度の新人看護師が少ないのです。教育体制がしっかりしていない、新人に仕事を教える暇もないほど忙しい、そもそも教えるだけのスキルやノウハウが職員にないなど、さまざまな問題で新人看護師が「逃げる」のです。



忙しすぎて新人看護師を教育できない病院は新人が逃げる

新人教育ができない病院の主な理由は「忙しすぎる」こと。ブラック病院と呼ばれる病院では、看護師を消耗品程度にしか考えていません。丁寧に教育する、無理のないシフトを組むなどの配慮はなく、ぼろ雑巾のように使い捨てる傾向です。職場環境の悪さから看護師が定着しないのでつねに人手不足。そんな病院では新人看護師の教育はできません。



新人看護師・ブランク有看護師不可の病院は教育体制ができていない

「新人看護師。ブランク有看護師不可」の病院は、きちんとした教育体制が構築できていません。教育専門の看護師も在籍していないので、最初から新人看護師を受け入れていないのです。このような病院に無理に新人看護師が入職すると、後悔することに。新人はとくに最初が肝心。教育体制のととのった病院を選びましょう。



プリセプター方式を採用し教育担当の看護師がいると教育面は安心

「新人看護師受入れ可能」な病院のなかでも、プリセプター方式を採用した病院は安心。プリセプターとは、入職後5~7年程度経過した中堅看護師が新人看護師の教育係としてマンツーマンで指導することです。すぐそばに指導役の看護師がいるので安心ですし、仕事をスムーズに覚えられるメリットもあります。



新人看護師臨床実践能力向上推進事業参画病院なら安心

新人看護師や助産師に対して適切な新人教育を行っていると国から認定された場合に、新人看護師臨床実践能力向上推進事業参画病院として認められます。この指定がされている病院は新人教育のレベルが高く、しっかりしている証拠。しっかりした教育を受けたいのであれば、上記の指定がされている病院を狙って入職しましょう。



新人看護師の適応のために看護管理者がいる病院かどうかをチェック!

プリセプター制度が導入されているうえに、管理看護師が在籍しているかどうかもチェックしましょう。管理看護師は病院に勤務する看護師の悩みを聞き、それが円満に解消できるように配慮しています。プリセプター以外にも新人看護師を見守る存在がいるのは心強いもの。看護師の管理がしっかりした病院を選びましょう。



新人看護師の離職率は看護師求人サイトに問い合わせるのが確実

新人看護師が面白いように離職する危険な病院は、日本各地にあります。その「地雷病院」を避けるためには看護師転職サイトを利用するのが一番です。看護師転職サイトは離職率を把握しているので、避けた方がいい病院情報や優良求人情報を積極的に教えてくれます。新人看護師が長く働ける病院情報は、看護師転職サイトへ。


転職成功のために選ぶべき看護師求人サイト



まとめ

新人看護師が長く働ける病院は、病院全体に活気があります。第二新卒にならないためにも、最初の就職先探しは慎重に。ブランクあり看護師も復職先探しで失敗しないように、看護師転職サイトで優良求人情報をゲットしましょう。


ナースではたらこ | ディップ株式会社

条件の良さは人それぞれ違う。ナースではたらこの非公開求人を見逃したらもったいない!

https://iryo-de-hatarako.net

看護のお仕事 | レバレジーズ株式会社

昼夜関係なく働く看護師さんのことを考えて、転職電話相談は24時間!いつでも利用可能!

https://www.kangonooshigoto.jp/

マイナビ看護師 | 株式会社マイナビ

利用者満足度96%以上!マイナビ看護師は利用者満足度が高いから不安なく利用できる!

https://kango.mynavi.jp/