ベテラン看護師の年収が知りたい!

看護師一筋30年以上のキャリアをもつベテラン看護師。そのスキルとキャリアで一体どれくらいの年収を稼いでいるのでしょうか?ここではベテラン看護師の年収について調査しています。「この先看護師続けても、将来性はあるの?」と悩んでいる看護師の皆さんへ、ぜひお読みください。

ベテラン看護師の年収は意外と高額!長く続けるほど有利に

新人看護師の頃は収入も少なく、ハードな夜勤をこなしても思ったほどの給与にならないこともあります。けれどきちんと定期昇給する病院なら勤め続けるほどに給与がアップし、確実に高給与を目指せます。50台後半の看護師の年収は約550万円。平均的な看護師の年収460万円よりも高額です。やはりキャリアが大事なのです。



50代看護師の平均年収は約550万円!管理職看護師は軒並み高給与

50代後半の看護師の平均給与は約550万円となっており、新人看護師にくらべるとかなりの高給与。さらに年配の看護師でも、病院の看護師長や看護部長などのポストに就くと、年収が600万円を軽く超えます。責任の重い役割ですが、ベテラン看護師だからこそできる仕事です。高給与を目指すならポストに就くのが一番です。もちろん若くても、有能な看護師が師長になることもあります。


年収600万の看護師ってすごい!高給与の稼ぎ方



同じ病院で働き続けると定期昇給でだんだん給与が高くなる

福利厚生や定期昇給のしっかりした病院で長く働くことは、決して悪いことではありません。年1回の定期昇給でしっかりとした昇給が見込めるのであれば、10年、20年と長く働くことで高い給与がもらえることになります。退職金制度に入っていれば、退職時に数千万円の退職金がもらえる可能性もあります。老後の生活に退職金は心強い存在です。


ベテラン看護師になると、それまで積み上げてきたキャリアによる昇給で高給与になっているうえに、退職金でさらにまとまったお金が手に入ることになります。看護師を勤めあげた私の叔母さんが退職後に家を2軒新築したそうですが、それも可能かもしれません。福利厚生のしっかりした優良病院に勤務しているのなら、そのまま頑張るのも高給与への道です。



ベテラン看護師は師長や看護部長を狙って転職もあり

ベテランと呼ばれる域に達した看護師でも、希望通りの給与がもらえていないこともあります。小さな単科クリニックやブラック病院で働き損になっているなら、給与アップを目指して管理職として転職する方法もあります。年収が一気に100~200万円変わってくるかもしれません。看護師求人サイトの担当者なら、個人個人にあった転職先を紹介してくれます。


転職成功のために選ぶべき看護師求人サイト




有料老人ホームや特養老人ホームはベテラン看護師を求めている

有料老人ホームや特養老人ホームの給与も高めですが、これはベテラン看護師を求めているからです。有料老人ホームは急患が突然運びこまれ、救急処置をすることはありません。けれど入所者の容体が急変することがあり、その場合、ベテラン看護師が適切に対応する必要があります。看護師の人数が少ないため少数精鋭なのです。


有料老人ホームは、ブランクのある看護師が復職の場として選択する職場でもあります。経験の少ないブランク看護師の指導役・教育役としてもベテラン看護師は頼りにされます。有能な看護師を求めているため、老人ホームでは年収600万円超えの求人が存在するのです。


介護施設の看護師求人の中から働きやすい職場を見つけるポイント



まとめ

ベテラン看護師になるとそれだけのスキルやキャリアがあります。「私なんて価値がない」と思いこみ、安い給与に甘んじる必要はありません。給与に不満があるときは、看護師転職サイトで正しい給与の査定をしてもらいましょう。転職することで給与アップの可能性があります。


マイナビ看護師 | 株式会社マイナビ

利用者満足度96%以上!マイナビ看護師は利用者満足度が高いから不安なく利用できる!

https://kango.mynavi.jp/

ナースではたらこ | ディップ株式会社

条件の良さは人それぞれ違う。ナースではたらこの非公開求人を見逃したらもったいない!

https://iryo-de-hatarako.net

看護のお仕事 | レバレジーズ株式会社

昼夜関係なく働く看護師さんのことを考えて、転職電話相談は24時間!いつでも利用可能!

https://www.kangonooshigoto.jp/