看護師の勤続年数と年収はどう関係する?

看護師は今どき珍しい「年功序列制」を採用しているところが多くあります。長く勤務すると毎年少しずつ昇給し、だんだん給与額が上がっていきますがその上昇率は緩やかです。ここでは看護師の勤続年数と年収について役立つ情報をお届けしています。興味のある方はぜひご覧ください。

看護師は昇給しにくい仕事……でもやっぱり長く勤めると給与アップに

看護師はポストが少ないため、昇給がしにくい仕事と言われています。けれど定期昇給する職場であれば毎年少しずつ給与が上がり、長く働くと高給与になる場合もあります。ただしほとんど昇給しない職場では給与アップが実感できないかもしれません。年に1回きちんと昇給する職場を選んで入職しないと損になります。



病院ではいまだに「年功序列」が多い

病院に勤務する看護師の給与は、いまだに年功序列が多くなっています。ほかの企業では、実力のある社員は若くても要職に就き、高い給与を得ていますが看護師の世界はそうもいきません。下積みからコツコツ仕事を始め、ベテランになるにしたがって給与が上がる方式です。いくら実力があっても平社員では発言力もなく給与も低いのです。


ベテラン看護師の年収が知りたい!



基本給の上昇が一年に2,000円でも10年続けば2万円!基本給が上がればボーナスもアップ

看護師が年収アップさせるには、今働いている職場でコツコツ頑張る方法があります。もし年間の昇給額が2千円であっても、10年経過すれば基本給が2万円アップすることになります。年間24万円の収入アップです。もちろんこの昇給額は各病院によって大きな差がありますが、定期昇給があれば確実に年収がアップ!ボーナス額も増えます。



看護師が新人から5年経過するといくら昇給する?

新人看護師の平均年収は約370万円ですが、5年後になると約436万円までアップします。5年間の間に昇給したとすれば納得できます。約66万円の上昇です。給与面では新人看護師が一番不利になっていると言っても良い結果です。ただ一般女性の年収が約330万円なので、看護師の給与は高い傾向にあります。看護師は専門職、だから高給与は納得できます。



看護師5年目から10年目で年収はどれだけ違う?

看護師5年目の年収が約436万円までアップしましたが、ではさらに5年経過するとどうなるのでしょうか?年収は約450万円まで上昇しています。5年間で約16万円のアップです。少し上昇率が鈍ってきましたが、看護師になって10年目は結婚や出産を機に仕事を辞めたり復職する時期なので、給与の情報幅が小さくなっています。



看護師を10年以上続けると新人の頃より年収はどれだけアップ?

新人看護師の年収が約370万円だったのに対し、看護師のキャリア20年のベテラン看護師になると年収は約490万円となっています。新人看護師の頃から見ると約120万円の上昇です。この金額はかなり大きいですね。普通に仕事をしていても、120万円も昇給するような仕事はなかなかありません。看護師は50代後半になると平均年収が約550万円まで上昇します。



定期昇給や手当のない職場は将来性ナシ!福利厚生のしっかりした病院に転職すべし

看護師は昇給する仕事ですが、それは定期昇給のある病院のこと。昇給のない病院では年収アップは望めません。給与に不満があるときは看護師転職サイトで転職先を探しましょう。


看護師の転職条件で希望できる条件とできない条件



まとめ

看護師は長く続けるほど確実に給与があがる、恵まれた職業です。ただすべての病院がしっかりしているわけではありません。定期昇給がない、福利厚生がない、ボーナスがでない職場はダメ!看護師転職サイトであなたのスキルをきちんと評価してくれる病院を探しましょう。


転職成功のために選ぶべき看護師求人サイト



マイナビ看護師 | 株式会社マイナビ

利用者満足度96%以上!マイナビ看護師は利用者満足度が高いから不安なく利用できる!

https://kango.mynavi.jp/

ナースではたらこ | ディップ株式会社

条件の良さは人それぞれ違う。ナースではたらこの非公開求人を見逃したらもったいない!

https://iryo-de-hatarako.net

看護のお仕事 | レバレジーズ株式会社

昼夜関係なく働く看護師さんのことを考えて、転職電話相談は24時間!いつでも利用可能!

https://www.kangonooshigoto.jp/